topimage

2017-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DORA.④bias - 2015.05.12 Tue



続きは↓



しゅー12_R
みなさんこんにちわ!
ドラッキー・アルマの魅力について語る「DORA.」のお時間がやってまいりました!
司会進行は僕、しゅうーくりーむです!よろしくおねがいします!

しゅー11_R
続いてお客様に自己紹介していただきます!お願いします!

さくや0_R
八川朔夜といいます。よろしくお願いいたします。

セレ0_R
アクロニアのプリティーエンジェルセレネちゃんだよー

さだ5_R
サダちゃんだよー。





さだ5_R
前回ドラちゃんの元である「コウモリ」について触れたね。実は前回語れなかったところがあったから、今回はそこを語っていこうじゃないか。


さくや5_R
ほう、どのようなお話になるのでしょうか?

さだ1_R
世界と日本での、「コウモリ」へのイメージとかそういうの。

しゅー12_R
面白そうだね!

さだ0_R
前回コウモリについてアトロシスは「不潔、不吉」といったイメージを浮かべたと発言していたね。
皆は実際コウモリのことどう思ってるかな?

セレ2_R
確かにいいイメージないなぁ・・・。不潔というより闇っぽいけど。

さくや6_R
コウモリですか・・・。ふーむ。

しゅー20_R
確かに神聖なイメージはないよね。夜行性だし洞窟や屋根裏みたいなところに住むからそういうイメージついちゃうけど・・・。

さくや1_R
そういったマイナスのイメージというのは、西洋よりもたらされたものであるという話は聞いたことがありますね。

さだ4_R
せやね。「不吉、怪奇、闇」といったイメージは吸血鬼ドラキュラのお話があったりと、西洋の文化で深く根付いている。

セレ4_R
他の地域では違うイメージもあるってこと?

さだ5_R
西洋文化がもたらされる以前の日本や中国等の東洋では、古来よりコウモリは「幸運の象徴、縁起の良い、長寿」といったイメージが強かったんだ。

さくや8_R
「蝙蝠」の「蝠」という字は「福」に発音が通ずるところがあるらしく、縁起が良いものとされたそうですね。


セレ4_R
幸福・・・へぇ。

さだ2_R
ラッキ―(幸福)を呼ぶドラッキー・・・。あながち間違いでもなかったってことさ!

セレ7_R
へーほー。

さくや11_R
他にも、川の近くの洞窟などに群れて住むことから”川守(かはもり)”と呼ばれ、それが”コウモリ”の語源になったという説、虫食性から「蚊を食う鳥」”カクイトリ”という呼び名や”蚊屠り(かほふり)”が音変化して”コウモリ”と呼ぶようになったという説等があるようですね。

さだ2_R
川=水 水=水瓶座 水瓶座=サダルスード・・・。
蝙蝠=幸運 幸運=サダルスード・・・。
なんだこれ・・・運命感じざるを得ない・・・ていうか運命やろ・・・結婚待ったなs(

セレネ26_R
きめぇ!

しゅー12_R
あとはコウモリの顔立ちが鼠に似ていることから「空を飛ぶ鼠」転じて「天鼠」「飛鼠」と呼ばれるようになったみたい!





さだ1_R
日本でもコウモリのマイナスイメージはなかった、とは言い切れない話もあるね。

さくや1_R
「鳥無き島の蝙蝠」という諺ですね。「強者のいない場所でのみ幅を利かせる弱者」のことを、こう呼んだそうです。

さだ1_R
あとイソップ寓話の「卑怯な蝙蝠」というお話もあるね。

昔、鳥の一族と獣の一族がお互いに争っていた。その様子を見ていたコウモリは、鳥の一族が有利になると鳥たちの前に姿を現し、「私は鳥の仲間です。あなたたちと同じように翼を持っています」と言った。獣の一族が有利になると獣たちの前に姿を現し、「私は獣の仲間です。ネズミのような灰色の毛皮と牙があります」と言った。その後二つの一族間の争いは終わり、鳥も獣も和解した。しかし、幾度もの寝返りをしたコウモリはどちらの種族からも嫌われ、仲間はずれにされてしまい、やがて暗い洞窟の中へ身をひそめるようになった。



さくや0_R
そのお話から、「どっちつかずの八方美人」な人やその行動をコウモリと比喩するようになったそうですね。

さだ6_R
何度も何度も人に背くおバカさんはやがて誰からの信用も失ってしまうという、悲しいお話さね。

さくや1_R
同じイソップ寓話に「コウモリとイタチ」というお話もありますね。

地面に落ちたとある蝙蝠がイタチに捕まって命乞いをすると「すべて羽のあるものと戦争しているので逃がすわけにはいかない」と言われ、自分は鳥ではなく鼠だと言って放免してもらう。 しばらくして別のイタチに捕まった時、今度のイタチは鼠はみな仇敵だと言うので、自分は鼠ではなく蝙蝠だと言ってまたも逃がしてもらう。




さくや1_R
このお話から、「状況に合わせて豹変する人は、しばしば絶体絶命の危機をも逃げおおす。いつまでも同じ場所に留まっていてはならない。」といった教訓になっているそうです。

セレ0_R
色んな話があるもんだねぇ・・・。

さだ1_R
あとコウモリといえば悪魔の僕だったりとして描かれることも多いね。
また、悪魔の翼そのものも蝙蝠のそれと非常に似て描かれることが多いんだ。

しゅー12_R
天使の羽が鳥の翼に似ていることと対照的だね!





さだ0_R
まぁ、蝙蝠さんが少しマイナスイメージ強い原因は現代でもあるっちゃあるんだよね。

しゅー11_R
と、いうと?

さだ1_R
コウモリの一部は果実食。暗闇をものともしない夜行性に加えて飛行能力。住処の特定も難しい。
つまり農業への実害があるらしいんだよね。

さくや0_R
また、コウモリの一種で日本でよくみられるアブラコウモリは自分の身体より小さな穴でも侵入でき、おまけに雨風を凌げる暖かい場所を好むことから、屋内を住処とすることが多いようです。
天井の裏等を住処にするため害獣として扱われることもあるようですね。

さだ4_R
飛べるから侵入経路もさっぱりで、しかも昼間はおとなしい。つまり人に気づかれること自体が少ない。
繁殖力も決して低くはないから、住み着いてしまうと結構やばいらしいね。

さだ5_R
でもだね、アブラコウモリ自身が滅茶苦茶害がある、かというと微妙なところでもある。

さだ12_R
アブラコウモリによる被害は、得体のしれないところで得体のしれない野生動物がうじゃうじゃと繁殖していた、といった恐怖感とかそういうのが多分を占めていたりする。
物音や糞をしたりだとか、そういった被害もあるっちゃあるけど、鼠とかみたいに伝染病を流行らせたりはしたことないみたいよ。

さだ5_R
ま、野生動物なんだから何かしらの菌やノミ、ダニなんかはついてるだろうし、無害とまで言い切れるわけでもない。
できることなら別の場所に行ってもらいたいと思うヒトが大半だと思うよ。

さくや1_R
コウモリという生き物は鳥獣保護法という法律によって、許可なしの捕獲や飼育、殺処分が禁じられています。
ので、コウモリが住み着いた場合は住処を移ってもらうよう仕向けるしかないようです。

セレ0_R
住むところにも困るコウモリチャン・・・。


さだ1_R
こればっかりはしかたない。私だって同じ被害にあえばコウモリの追い出しを業者さんにでもお願いするとは思う。







しゅー11_R
コウモリってあまり身近に感じなかったけど、案外人と密接なかかわりにあるのかもね?


さだ5_R
こうして色々調べると、コウモリに多面性を感じられたと思う。
かわいい、不吉、気持ち悪い、縁起が良い・・・。結局は人の好みにわかれるものじゃないかと私は思うけどね。

しゅー12_R
正義と悪に揺れる不安定さと、自分を拾ってくれた主様に一生ついていくと決心するドラッキーちゃんの内面も、どこか薄っすらと通じるものがあるように感じるね!

セレ2_R
(えっ)

さくや0_R
さまざまな情報の中から正しいものを選ぶ。それだけが正解ではないと私は思います。
自分の都合のいいように、自分の納得するように答えを抜き出すのもありだと。

さだ11_R
そうやって世界を広げていくのが、私達の役目でもあるんじゃないかな。
ドラちゃんが果物好きかも?→じゃあバナナ咥えさせた絵を描こう!! とかさ。 いいとおもうよ。

セレ2_R
お前そればっかやな・・・。

さくや0_R
本日も有意義な談義ができましたね。
私も学ぶことが多くあったと思います。ありがとうございました。

さだ1_R
大体ドラちゃんの根幹は掴んだと言ってもいいね。次回からはそれらをうまく広げていく、想像力を活かした応用編だ。


しゅー12_R
というわけで今日はここまで!ご閲覧頂きありがとうございましたっ!









関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

おおー。コウモリについてさらに詳しくなりますね
西洋より持ち込まれた概念、といえば「狼」ですね
ニホンオオカミが絶滅したのは有名ですが、元々は神様として
祭られていたのが、西洋の害獣のイメージ、御伽噺の悪役のイメージや
狂犬病の持ち込みによって駆除され絶滅した説があります
ウルフさんの物語の時はそんなことを考えてたなぁ…

あ、魔女の使いで有名な黒猫も、実は幸運の証と見る場合もあるそうです
「黒猫が前を横切るのは不幸」なのは、幸運に見放されたからであって
黒猫自体が不幸ではないのだとか
ただ、こちらも魔女の使いというイメージで特に西洋では保護猫でも
黒猫は引き取り手が極端に少ないって聞いたことあります

なんか西洋のイメージってその生き物に裏目にでることが多いような…

ちなみに私は通っていた学校にコウモリが棲んでいて、下校時には
数匹のコウモリが空を舞う中、帰宅してました
くるくる回りながら飛ぶ姿は可愛いかったですね~

こうもり、考察すると深いですね!
マイナスイメージも世間で多いですが、
動物園で、もこもこのかたまりが片足でぶらーんとしてるのみると
とってもかわいいです♪ 見てると飽きない♪

米返しでぇい

エルしゃんへ
狼もコウモリさんと似たような境遇だったのかな、とはいえ、絶滅に追い込まれているか否か、認識の違いで大きなイメージの差を感じるかなぁ・・・・
黒猫(テトにゃん)、狼(ウルフッフ)、コウモリ(ドラちゃん)の三人で西洋不吉・東洋幸運トリオ組めちゃう・・・・やだ・・・ちょっと好きかも

私の通っていた小学校でも、コウモリが飛んでいましたねー。
あの頃はピュアだった私も、今ではコウモリの分身体の女の子にラブしてると思うと気分が弾むね!^v^

鴨太郎さんへ
コウモリはリアルでも保護団体とか愛好会みたいなのがあるみたいで、ネットで調べていた時に結構な数ヒットしましたねー。
とてもかわいい、のですが、例の鳥獣保護法で飼育も禁止されちゃってるみたいなんですよね。ペットとして飼えたら、もっと世間の評価は違っていたかもっ

動物園って私何年ご無沙汰してるんだろ。。wゾウさんがうんちっちしてるとことか馬さんがうんちっちしてるとこしか覚えてないっす!!(





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zawawann.blog.fc2.com/tb.php/126-c752b513
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ナナイさまが繁栄を約束してくださった «  | BLOG TOP |  » 船ががんばった

中の人

サダルスード

Author:サダルスード
オンラインゲーム「エミルクロニクル・オンライン」「エルソード」にてがんばる人です。ドラちゃん大好き。

★このブログについてのあれこれ

☆ECOのキャラクターの紹介
☆Elswordキャラクターの紹介

★月穿ちセレネの冒険日記まとめ

最新記事

最新コメント

カテゴリ

セレネのフリージア冒険日記 (31)
未分類 (0)
ECO日常 (20)
その他 (20)
キャラ紹介 (9)
エルソード (6)
アクロニア生き物調査団 (4)
ECOについて淡々と書く (12)
単発イラスト (21)
ダリンきゅんは世界一可愛い (4)
DORA (4)

月別アーカイブ

ゲームブログランキング

エミル・クロニクル・オンライン・攻略ブログ エルソード・攻略ブログ

リンク

このブログをリンクに追加する

リンク

ろぐさん
ろぐさんのブログ(えすえすえる。)

著作権表記①

(C) BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc./HEADLOCK Inc. このページ内におけるECOから転載された全て のコンテンツの著作権につきましては、株式会社ブロッコリーとガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社および株式会社ヘッドロックに帰属します。 なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。

著作権表記②

このページ内における「エルソード」から転載されたコンテンツの著作権につきましては、運営元であるNHN PlayArt 株式会社または開発元である KOG Corporation. に帰属します。 Published by NHN PlayArt Corp. Copyright (C) KOG Corporation. All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。